ドイツのお手洗いは、お金を払って入ります。

そんな中、、、日本では見たことのないハイテクなトイレを発見しました

1ユーロ入れないと入れないトイレ。

ニュルンベルク駅の、駅ナカモールのようなところのトイレは1ユーロ入れると、キャッシュバックのバウチャーが出て来ます。

動画のような便座がひとりでに洗われる素敵なトイレは、このお金で保たれてるのですね〜

ちなみに、バウチャーはこちらです

20170412-020652.jpg

翻訳アプリを通すと、なんとなく察しがつきます笑
この、微妙な日本語から察する能力というのは、日本人ならではですね

ドイツのお手洗いは、ほとんどの場所が有料でした。
入り口にお姉さんが座ってたりして、その前にお皿が。みなさん、大抵は入るときに置いてます。
わたしは50セントくらい入れておりました。ちなみに置かなくても咎められたりはしなかったです。

あと、紙は流して良かったです。

20170412-020857.jpg

ニュルンベルクのトイレ、もう一つご紹介!
ハイデルベルク城の近くのトイレです。
こちらは、無料で入れました。写真は無いのですが、時々あるんです、便座がない洋式トイレ。

3分ほど悩んで、便座に片手をついて、お尻をつけずに、そっとしてみました…。想像つくでしょうか?

ドイツの方がトイレ後、手をとても綺麗に洗ってるのはこのためでしょうか…

トイレから出ると、なぜかこんなものが。

20170412-021134.jpg

読めますか?
どうやら、この洗剤をご自由にどうぞ、とのことです。なんだかアットホームなドイツです。

2つのトイレだけで見ても日本と違いますね。おもしろいな。