タグ「 海外旅行 」の記事

2件の投稿

オススメ海外アプリを紹介します!

現地で使って、使える〜!って感じたものです。

 

◇言語系

Microsoft Translator
翻訳アプリ

写真に撮って、自動的に翻訳してくれます。辞書をダウンロードしておけば、インターネットに接続されていなくても使えます。

ドイツ語はGoogleより良いとのことでこちらを使っていました。

旅は楽しむことにお金を使いたい!

ということでSIMフリースマホを使って節約しました。

1週間滞在で、10ユーロの通信代はお得ですね。
通信の設定がいくつかあるのでまとめます。

  • ケータイ:SIMフリー iPhone7
  • SIM : vodafone CallYa Smartphone Special 750MB/4GLTE
    電話番号付きの、4週間750MB 9.95ユーロ
    写真参照
  • 購入場所 : スーパー  REWE(レーベ)
  • 必要な持ち物 : SIMポケットを開けるピン(細めの安全ピンでもOK)
  • 必要な持ち物 : 日本のSIMを守るケース(私はSDカードケースに入れてました)

 

vodafoneショップに行くと、25ユーロのおそらく自動チャージ付きを勧められました。

お断りしてスーパーで購入しました。
#私は英語は堪能ではありませんが、単語とか、日本人得意の推察力でなんとかなったりします。楽しみましょう!

ボーダフォン プリペイドSIM

開けるとカードとクイックレファレンス(ドイツ語)と説明書(ドイツ語)が入っています。Google翻訳で訳しましたが、、、やり方さえわかれば、読まなくても大丈夫です。

こちらの手順でできました。
#もし間違いがあったら修正しますので教えてくださいね。

ネットにアクセスできる環境で落ち着いてやりましょう

1.クイックレファレンスにも書いてある以下のリンクにアクセス

https://www.vodafone.de/callya-registrierung/

2.画像を参考に入力

3.[Weiter]をクリックするとメールが届きます

日本と同じようにメール認証ですね。メールが届いたら、認証します。

4.ここでSIMカードを入れます

手で折りましたが、ハサミがあると安心ですね

 

5.PINコードを入力

SIMを入れるとこんな画面が出ます

 

PINコードはここでget
SIMfree

6.これで終わりじゃない、APN設定

日本だとキャリア使っている人は聞いたこともないAPNの設定。

格安SIMを使われている方は、APNのプロファイルをインストールしたこともあるかもしれません。

vodafoneのSIMはAPN設定を手動でしました。見たことなかったメニューが出てきているので、ここから手動で設定します。私は一番上のAPNだけ、自分で設定しました。ユーザとパスワードは削除すればいいようです。

      

 

以上!

これで、1週間の通信費10ユーロ(正確には9.95ユーロ)で過ごせました。

EUローミングなので、おそらくEU圏内は使えるはずです(スペイン、ポーランドは使えます)

通信速度はGoogleMap見る程度では気になりませんでした。

Have a nice trip!




PAGE TOP