カテゴリー「 海外プチ探検 」の記事

11件の投稿

JAPAN EMOJIとの出会い

この本はフィンランドはヘルシンキのカフェのような本屋さんで見つけました。
イギリスの本で、作者はエド・グリフィスさん。
江戸かよ!って思った気がします。

日本発祥であり、1文字分のスペースで感情や状況を補足するツールは、古来から短い言葉で多くを伝え感じさせようとした日本の文化そのものです。それを英語でどのように紹介されているのか気になって購入してまいりました。定価は9.9€なのですが、12.95€で。外国の本だから高いということなのでしょう、きっと。

そういうわけで、書かれている英語をそのまま載せるとよくないので、勉強も兼ねて訳してみようと思います。

2. 傘 🌂 Umbrella

和傘、伝統的な日本の傘は油を塗った和紙と、西洋の傘ではメタルスポークの箇所にはたくさんの竹の線維ででできています。和傘を広げた時の影の直線は、ドーム型のコンビニ傘と比べると、クラッシックなシルエットを印象を与えます。油のないバージョンは太陽から保護するために使われています。傘のシェード部分に同心円のブルズアイ模様があるもう一つ有名なタイプは、「蛇の目傘」として知られています。文字通りの意味は、’serpent’s eye umbrella’(蛇の目の傘)です。

日本の傘でもっとも一般的なのは、梅雨の嵐の中大急ぎでつかまれる透明なプラスチックのコンビニバージョンである。(see opposite) ぽたぽたと落ちる傘を店の中に持ち込むことは失礼だと考えられているので、傘を置く場所が外にいつも用意されています。大きなお店では入り口に、袋に入れる「Kasapon」という機械がたいてい設置されています。傘を機械の上からいれて、手前に引くと、きちんと袋詰めされて出てきます。

学習した英語

  • By far the most common: ‘by far‘ は強める意味がある
  • drip ぽたぽた雫を垂らす
  • a bagging machine branded Kasapon 傘ぽん。namedやcalledじゃなくてbrandedという使い方もあるという学び
  • made of とmade fromの違い 材料の、形状が変わらないofか、変わるfromか。ただ、ネイティブでも意見が分かれるものもあるので、厳密なところは意識しなくて良いよう。日本語でもそういうのある。
  • rib 肋骨、葉脈 骨部分の事のよう
  • 蛇の目傘 このタイプを蛇の目傘と呼ばれていることを初めて知りました。

所感

感じる所と書いて、所感を書きます。

雨☔️の次に傘🌂。素敵な流れです。

日本の傘はコンビニ傘が一般的だと思われていることと、「傘ぽん」の話題が出るところで、たしかに靴を脱ぎ部屋の中を汚さない文化のある日本ならではだなあと思いました。改めて、日本固有の傘は、和傘以外にコンビニ傘というジャンルができているという気づきがありました。

最近、傘のシェアリングサービスができてますね。傘スポットにある傘のQRコードをアプリで読み取って、返すときもアプリで処置すると。まさに同じシステムのものをフィンランドやリトアニアを見かけました。対象は傘ではなくて電動キックボードです。返すまで課金される仕組みなので、Win-Winを保つのに良いシステムだと思いました。ちなみに英語はkickbikeだそうです。

傘ぽん」は良い仕組みなのですが、海外にはありませんでした。(少なくともフィリピン、タイ、フィンランド、エストニアでは雨に降られましたがありませんでした)
日本人の感覚だと、そのまま入ったら水をひっかけられて困るじゃない、と思いそうですよね。ビニール袋のゴミが出るというデメリットもありますし、日本ほど湿度が高くないし、道幅や電車内などとにかく狭いことがなく、人と人の距離感が保たれているからかもしれません。
物理的に人と人との距離が狭い、日本ならではの必要性ではないかと思います。

蛇足になりますが、東南アジアの雨は、傘をさして出かけようと思えないスコールでしたので、傘を使いませんでした。フィリピンでは、雨が降ると貧困層の人はシャワーがわりにする人もいるみたいです。

JAPAN EMOJI

JAPAN EMOJIとの出会い

この本はフィンランドはヘルシンキのカフェのような本屋さんで見つけました。
イギリスの本で、作者はエド・グリフィスさん。
江戸かよ!って思った気がします。

日本発祥であり、1文字分のスペースで感情や状況を補足するツールは、古来から短い言葉で多くを伝え感じさせようとした日本の文化そのものです。それを英語でどのように紹介されているのか気になって購入してまいりました。定価は9.9€なのですが、12.95€で。外国の本だから高いということなのでしょう、きっと。

そういうわけで、書かれている英語をそのまま載せるとよくないので、勉強も兼ねて訳してみようと思います。

雨 ☔️ Rain

日本には通年6月から7月半ばまでにしっかりとした雨季があります。この季節は、’tsuyu’(日本語では「梅雨」と書きます)や’plum rainという名前で知られています。日本のplum(スモモ?)や梅の季節とだいたい同じなのでそう呼ばれています。

梅雨の始まりと終わりは、公式には地域によって宣言され、ニュースや天気予報でお知らせされます。混雑が少ないことと、紫陽花が綺麗な季節であることを除くと、予期せぬ雨が湿度の上昇でますます悪化するので、日本を訪れるにはつまらない季節だと一般的には言われています。傘が道にひしめきます。傘の海が織りなす渋谷のスクランブル交差点は雨の日の名所です。

2018の梅雨は例外的に、猛烈な雨が西日本を襲い、広範囲に悲劇的な洪水を引き起こしました。

学習した英語

  • Japan has a pronounced rainy season. 日本は梅雨が顕著。
    pronounced には明白な、という意味がある。
  • compound いっそうひどくする 混ぜ合わせる

所感

感じる所と書いて、所感を書きます。

はじめに、雨☔️が来ること自体が不思議でしたが、購入したのは5月で、書き始めた今日が6月、そして結構な雨が降っていて家から出ていません。それも数奇な縁です。
私は地方出身なので、渋谷のスクランブル交差点が有名なことはフィリピン人の友人から知りました。雨といえば、で出てくるほどに有名なのですね。
自分たちがポジティブに感じてない雨の日を、他の国の人がポジティブに名所と感じてくれるのは、肯定感にプラスに働くかもしれません

フィリピン・セブ暮らしも早3ヶ月。

女子向けの情報をば。偏っていますがご参考になれば!

わたしがこれは持って行けば良かった〜、とか、こっちで買ってもいいじゃん、って思った物をご紹介します。

 

あるけどすぐに買えないモノ

語学留学だと、入学式だなんだと気軽にモールに買いに行けないかも!という意味で「すぐに買えない」です。

モールに行かないと見つからなさそうなものを紹介します。

 

☆リキッドアイライナー、リキッド眉ライナー

これくらいは売ってるのかな?と思っていたのですが、フィリピンではペンシルタイプが一般的で、ファーマシー(薬局)には置かれておらず、モールの化粧品売り場でないとありませんでした。

 

☆タオル

女子は肌触り、大切ですよね。比較的(比較的ですよ!)良いものがお値打ちに買えるのは、SM City CebuのSM Storeの中です。

突っ張り棒もここで買えました。

 

☆鏡

美容師さんが使いそうな結構大きめの鏡が、なんと300円程度で買えます。

こちらも、SM City CebuのSM Storeの中です。

 

☆ディフューザー

しばらく住むのであれば快適にしたいもの。

ディフューザーは、Ayala Center Cebu にあるダイソーか、SM City CebuにあるMEISOで購入できました。ダイソーの方が安いです。

スーパーに行けば、芳香剤も売っています。どうしても日本の匂いがよければ持ってくるか、「町屋マート」で割高に購入です。

 

こっちで買って良かったもの

好みです

☆コンディショナー

コンディショナーがとてもいい匂いでアルガンオイルも入ってるらしいのに、約100ペソで買えました…!費用対効果が高いと自慢したくなりますね…!シャンプーはわたしは合わなかったんですが、このコンディショナーをトリートメントの代わりに使ってます。このシリーズの中で青いのが好みです。Watson’sという日本のドラッグストアのような場所で購入できます。

未だにシャンプーは見つからず日本ものを使っています。このシリーズのシャンプーはややキシキシします。気になる方は日本から持って来た方が良いかもしれないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆マニキュア

好みにもよりますが、乾きが速くて驚きます。色もたくさんあります。

マニキュアは普段そんなに使わないのですが、裸足でいることが多いと思うので1つくらいあった方が良いでしょう。

そしてこちらでは40ペソくらいで買えます。Watson’sでも豊富にあります。

 

☆パパイヤ石鹸

セブの名物でお土産でもよく買われるパパイヤの石鹸ですが、20Pくらいで売っています。
お肌もすべすべしている気がします。香りの好みもひとそれぞれですが、こちらで用意しても良いと思える一つです。

すぐに買えるもの

コンビニやその辺にあるファーマシーで買えるものです

☆ナプキン

日本の製品ほど気は効いてませんが、特に問題なく使えています。めちゃくちゃ心が繊細な方はご自分で持って来た方が良いでしょう。ジョンソン&ジョンソンの製品もあります。50ペソ程度します。値段はアジア製は8個入りが16ペソと激安です。

コットン製のナプキンは今の所見ていません。

留学生は、布ナプキンを持ってくるのはおすすめしません。私自身日本では布ナプキンユーザでしたが、共同生活が多い留学生活では、持って来ても使わなかったと思います。洗う場所も、洗い方も、干す場所も、諸々ためらわれます。

 

☆ティッシュ

箱のティッシュはないですが、プラスチックケースに入った同じような質のティッシュペーパーは買えます。

さすがに保湿ティッシュは見ません。

 

☆除菌ウェットティッシュ

掃除したくなった時に除菌ウェットティッシュは便利です

携帯用と大判タイプ1つあるとベターと思います。

 

用意してくると良いもの

☆シャンプー/トリートメント

わたしが持って来てよかったと思っているのは、やはりシャンプーとトリートメントです。海外で良いものに出会える可能性は高くないです。チャレンジも旅の醍醐味ですので、持って来た上で、トライしても良いと思います!

 

☆スキンケア/コスメ

こちらでも買えますが、留学来たてでスキンケアの相談できる英語力があるのであれば留学しなくても良いのでは無いでしょうか。英語でのアクティビティとしては、化粧品を相談すると語彙力が増えること請け合いです。

 

☆スカート

セブでは、女性はセパレートのスカートをあまり履きません。ぴったりしたワンピースは売っていますが、セパレートのスカートを探すのは困難です。売っていても、タイトスカートのようなものが多いです。逆に短パンはたくさん売っています。H&Mもユニクロもセブにありますが、日本で買うより割高です。

 

☆SIMフリーケータイ

こちらでプリペイドSIMを買うのは、そこまで高くないです。私も1週間70Pで過ごしています。(空港で契約するともっと高いです)

路上でケータイを見ながら動くのは危ないですが、道に迷ったり騙されて変なところに連れて行かれると危ないので、用意をご検討されても良いかと。

 

素敵な旅を!

中部国際空港セントレアに2017年4月にできたカプセルホテル TUBE.sqへ行って来ました。

TUBE.sq(チュウブ・スクウェア)
1時間1080円で仮眠やシャワーも 浴びることもできます。5時間以上なら宿泊価格になります。

とても綺麗なので、カプセルホテル初心者のわたしも安心して入れました。

アメニティもバスタオル、フェイスタオル、部屋着をかしてもらえるので、いきなり来ても大丈夫です

  • 入り口から男女別です

  • ロッカーは縦に長いです。

棚は外すこともできますし、何段階か高さを変えることもできました。

写真の麻袋の中にアメニティが詰まっています

  • シャワー付き

シャワー室の中は個室シャワーが並んでいました。シャンプーコンディショナー付き。

ヘアアイロンも付いています。

  • カプセルの中

カプセルの中も快適でした。ロールスクリーンを引っ張って自分の居場所を確保した後は、人数も少なかったせいか静かに快適に寝れました。

きっと音は漏れるので、目覚まし時計のアラーム音は静かに起きれる工夫は必要ですね。

予約は正規サイトでもできますが、楽天やBooking.comなどでもできるので、そちらでされた方がポイントが貯まって良いと思います(^ ^)

楽天トラベル

Booking.com

また、こういうサイトを介すと、さらにキャッシュバックも得られるようです!旅が多い方にはオススメです

DubLi

良い旅を(^ ^)

オススメ海外アプリを紹介します!

現地で使って、使える〜!って感じたものです。

 

◇言語系

Microsoft Translator
翻訳アプリ

写真に撮って、自動的に翻訳してくれます。辞書をダウンロードしておけば、インターネットに接続されていなくても使えます。

ドイツ語はGoogleより良いとのことでこちらを使っていました。

PAGE TOP